[Interview] Short Answers

Short Answers

カリフォルニアのポップパンクバンド、Short Answersのインタビューを行いました。今年の12月に初となるフルアルバム”This Is a Perfect Place”をリリースしたばかりの新進気鋭のバンドです。今回はメンバーのMattとSeanの両方に答えてもらっています。自らをEmo-influenced Pop Punkと形容する彼らが影響を受けたバンドや、どのようにバンドを始めるに至ったかについての興味深いエピソード、さらにはバンドとしての今後の活動における驚くべき発表もこのインタビューで楽しんでもらえるはずです。

(Interview by 3104punx)

Facebook / bandcamp

(For foreign readers; The interview article in English follows after Japanese sentences, so please click “Read More…” and go through to the bottom.)

今回はインタビューに答えていただきありがとうございます。まずはじめに、自己紹介をお願いできますか。

Matt Rice (以下MR): コンタクトを取ってきてくれてありがとう。Mattで、ギターとボーカルを担当しているよ。

Sean Garnsey (以下SG): Sean、同じくギターとボーカル担当さ。

 

Facebookのページで「学生時代の2年間、バンドを始めて曲を作ることを話してた。それから怠けるのをやめて、実際にバンドを始めたんだ」っていう記述を見つけたんですけど。実際のところ、いつごろからバンドを始めたのですか?

SG: 僕たちは大学に入る直前に出会って、お互いの音楽の趣向から友達の関係がスタートしたんだ。大学の最初の2年間は、バンドを始めることについて話したり、他のバンドのカバーなんかを演奏してたんだけど、2012年の夏にカルフォルニアを回る4日間の“Punk Rock Road Trip”をやるまで実際にバンドを始めるなんて大それたことはしようとしなかった。その旅行では、本当にいろんなバンドを観たんだ。The MenzingersやThe Story So Far、現在の自分たちのレーベルのマネージャーでもある友達のバンドLocked in Silence、それにStickup KidやTroubled Coastと、他にもたくさん観たね。その帰り道の車で、2人とも「なんて素晴らしいんだ、(バンドを)やってみようぜ!」って思って、実際に何か始めるための約束をしたんだ。そのときお互いにすでに曲をいくつか作っていたから、家に着くなりお互いが作曲したものをシェアして、割とすぐにレコーディングに移ったね。その時の曲の一つが、”Branded”っていうEPに入ってる“Empty Walls”って曲さ。

 

あなた達の音楽性を自分たちでは何と表現しますか。どんなバンドに影響を受けているかも教えてください。(Turnoverからの影響があるように思いますが、どうですか。)

MR: ぼくたちは共にTurnoverのファンだよ。得に彼らの新しいやつのね。一つのジャンルで定義するのは難しいけど(自分たちに何かレッテルを貼りたいバンドなんていないしね)、いつもEmoに影響を受けたPop Punkバンドって表現してるかな。個人的には、Balance And ComposureやTitle Fight、あとはTurnover、Tiny Moving Parts、Now, Nowなんかのバンドに影響を受けてるんだ。

SG: 高校に入りたての頃は、Blink 182やTaking Back Sundayを聴きまくっていたね。その後、といっても高校生のときだけど、Run For Cover Recordsを頼りにして聴く音楽の幅を広げていって(Title FightやTransit, Tigers Jaw、どういったわけかみんなTで始まるバンドなんだよね)、そこからの影響がとっても大きいと思う。最近だと、La DisputeやXerxesのようなポストハードコアとされるようなバンドがもたらす衝撃や作曲の率直さにとてもハマってるよ。

 

バンドを始めた当初からずっと2人組のバンドとして活動してきたんですよね。ぜひとも2人組バンドとしてやっていく中で、良い点と難しい点を教えてください。

MR: うん、今までずっと僕たち二人でやってきたね。自分たちで曲を作って、お互いに披露してそれに手を加えて行ってデモをレコーディングして。それがとっても楽しいんだ。とっても簡単なプロセスだしね。唯一の欠点を挙げるとすれば、アコースィックショウを超えたもの、つまり自分たちが演奏したい音でのライブが出来ない点かな。

SG: バンドとしての一般的な過程じゃないことは分かってるけど、これまでのところはうまくいってるね。2人だけでやることで、決断がものすごく簡単になる。でも、実はある素晴らしいニュースがあって。実は友達がバンドに入ることを決断してくれて、もうすぐ4人編成のバンドになるんだ!数年前に書いた曲が初めてライブで演奏できる、こんなこと以上に素敵なことなんてないんじゃないかな。

 

次はあなた達のニューアルバム“This Is a Perfect Place”について教えてください。このアルバムは初めてのフルアルバムですよね。いつごろからレコーディングを始めましたか。

MR: 一年半ほど前から取り掛かり始めたんだ。常に曲を書いてるから、2013年に“Branded”というEPをリリースした本当に直後からアルバムの制作に取り掛かっているんだよね。しばらくの期間、デモ音源を録音してたんだけど、実際のトラッキングが始まったのは今年の5月ぐらいで、その後、秋ごろまで続いたんだ。

 

2人のメンバーであらゆるパートをどのようにレコーディングしているのか非常に気になります。誰かにレコーディングを手伝ってもらったりしているんですか。

SG:  曲は全部テイク録りで、Mattがミキシングとマスタリングをやったんだ。ボーカルとベース、それにギターをすべて自分たちで録音した。スタジオやサウンドエンジニアにお金を払うことなく自分たちだけで実現したことをとても誇りに思ってるよ。

MR:  機材やレコーディングスペースが限られているから、結局はドラミングはプログラミングだね。でも実のところ僕はドラマーでもあって、曲を通して叩いてみて、リズムを作ったり改良を加えたりしたよ。だから音源で聞こえてくるのは、僕がベストなリズムだとおもって叩いたものをプログラムしたものなんだ。

 

あなた達の音楽からはとってもセンチメンタルな感情を感じることができます。アルバム“This Is a Perfect Place”では、どのようなテーマを表現していますか。

MR: 僕たちはカリフォルニアのSan Luis Obispoにある大学に通っていた。Oprah Winfrey(アメリカのactoress)が”アメリカの中で最も幸せな街”と表現するほど本当に素晴らしい街で、とても楽しい時間を過ごしたんだけど、街はある種の理想郷でそれが理由でそこにいる人たちは楽天的なんだとする考え方が嫌いで。

このアルバムで表現したかったのは、毎日何気なく見かける人たちが実際に考えていることを知れば、その人たちが日々様々なことを解決しようとしていて、自分の想像しているよりも自分と同じような人たちなんだということが分かるはず、っていうことさ。社会的疎外感や心配事、憂鬱、空虚感、そういったものは自分たちの世代の多くの人にとって一般的なものなんだよね。でもそういったことは大学生活を送っている人たちの会話やアメリカ文化が焦点を当てがちな方法からは聞こえてこないんだ。

SG:  建設的な観点から言えば、大学で起こったいろんな経験や出来事の年表みたいなものとして” This Is a Perfect Place”というアルバムを作ったんだ。だから、自分たちが生きた実際の場所から生じた感情を伝えることができると思うよ。

 

リリースショウやツアーなどの予定はありますか。今後の予定を教えてください。

SG:  今のところ、次は何をしようと話し合ってる段階なんだ。数週間以内には、4人のメンバーのうち一人を除いてみんな大学を卒業するから、特にわずらわしいこともないし、何かを始めるには打ってつけのタイミングなんだけどね。リリースショウという形でのライブはやらないと思うけど、いくつかのライブをまとめてやるいい機会だとは思ってる。もしアルバム”This Is a Perfect Place”がリリースされた後多くの人に気に入ってもらえたら、定期的にライブをやるようにしないとっていう義務感は感じるだろうな(笑)

 

出身地であるSan Luis ObispoはLAからもサンフランシスコからも離れた位置にありますよね。両都市出身のバンドはたくさん知っていますが、San Luis Obispo出身のバンドは知りません。ローカルシーンや近くの街出身のカッコイイバンドを教えてもらえますか。

SG:  同郷のバンドと言ったら、Heart To Heartだね。地元でのライブを取りまとめてくれたり、Los AngelsとSan Franciscoの間を行き来するツアーバンドのライブのホストをつとめてくれたりと、地元シーンをずっと活気づけてくれているバンドさ。ほかにはThe Mighty FineやFrom The Topなんかをチェックして欲しいな。

 

日本のウェブ限定のメディアにも関わらず、こうやって時間をとってもらってありがとうございます。最後に、日本のパンクロックファンにメッセージをお願いします。

インタビューをここまで読み進めてくれたり、自分たちの曲を聞いてくれたりすることは、自分たちにとってとてもありがたいことさ。サポートしてくれてありがとう。太平洋を越えて、心からの歓迎の気持ちを送ります。

あと、Satoshi、インタビューをまとめてくれてありがとう。用意してくれた質問、とても楽しめたよ。

 

—–English—-

Thank you for giving us a chance to interview you guys. For the record, could you state your names and roles in Short Answers?

Matt Rice: Thanks for reaching out to us! I’m Matt – I play guitar and sing.

Sean Garnsey: I’m Sean – I also play guitar and sing.

I find the words like “We spent two years of school talking about starting a band and writing music. Then we stopped being lazy and did it.” on your Facebook page. When do you guys start the band actually?

SG: Matt and I both met just before we started college and our friendship started because of our mutual music tastes. We spent the first two years of college talking about it, jamming and playing covers of other bands but never really took the leap in trying to make a band until the summer of 2012 after a 4-day punk show road trip around California. We saw a bunch of bands: Menzingers, The Story So Far, our friend & current label manager’s band Locked in Silence, Stickup Kid, Troubled Coast, and a bunch of others. On our ride back we were both thinking, “fuck it, let’s just do this” and made a pact to actually do something about it. We both had songs we were working on and as soon as we arrived at my house we shared songs that we had both been working on and recorded shortly after that. One of those songs was “Empty Walls”, from our Branded EP

How do you express your style of music? And, what kind of bands are you influenced by? (I think you are really influenced by old and new Turnover. Is it right?)

MR: We’re both fans of Turnover, especially their more recent stuff! It’s hard to settle on one label (no band really wants to label themselves), but we usually default to saying we’re an emo-influenced pop punk band. Personally, Balance and Composure and Title Fight have been huge influences for me, as well as bands like Turnover, Tiny Moving Parts, and Now, Now.

SG: I spent a lot of my time in early high school listening to blink-182 and Taking Back Sunday, in late high school I started branching out to bands from Run For Cover Records (Title Fight, Transit, Tigers Jaw — all starting with T for some reason) which have influenced me pretty heavily. Lately, I have really gotten into the post-hardcore type bands like La Dispute and Xerxes for the impact and sincerity of their writing.

Have you been active as two-piece band since you start the band, haven’t you? Please let me know good points and difficult points for two-piece band.

MR: Up until now, it has just been the two of us. It’s fun – we generally write songs on our own, then show each other and develop them, and then record demos. So it’s a really simple process. I think the only drawback is that we obviously can’t play live beyond an acoustic set, with how we intend our music to sound.

SG: We know it’s not really the typical path a band takes but it’s worked for us so far. Only having two of us has made it really easy to make decisions. We have some great news though, some good friends of ours have agreed to join the band and we are now going to be a four-piece band. Nothing’s felt cooler than hearing and playing a song you wrote over a year ago live for the very first time.

Next, please let me know about you new album, “This Is a Perfect Place”. I think it’s your first full-length. When did you start recording this album?

MR: We worked on the album for about a year and a half. We’re always writing, so we started working on it pretty much right after we released our EP, “Branded” in 2013. We recorded demos for a while, but the actual tracking started around May of this year and continued through mid-fall.

I really wonder how you recorded every part of songs (guitar, bass, drum) with only two members. Did you ask someone to help play in recording?

SG: Everything’s recorded in takes, and Matt did the mixing and mastering of the tracks. We recorded all the vocals, bass and guitar ourselves. We’re proud to have something we made ourselves without having to pay a studio or sound engineer to make it happen.

MR: Given our limitations in equipment and recording space, I ended up programming the drums. But I’m actually also a drummer; I spent a lot of time playing through the songs, writing, and refining parts, so what you hear is my best shot at a programmed interpretation of that.

I feel very sentimental emotions from you music. What is the main theme you sing in “This Is a Perfect Place” ?

MR: We went to college in San Luis Obispo, California. A while back, Oprah Winfrey called it the “Happiest City in America,” and that’s awesome – we’ve had lots of fun here and all, but I think we both just disliked the idea that it’s some utopia, and that everyone here is happy-go-lucky and whatnot. I think more than anything, this album is about seeing what really goes on in the head of someone you see every day, who you perceive as having everything figured out, and realizing they’re a lot more like you than you thought. Things like social alienation, anxiety, depression, and just feeling lost, that are familiar to a lot of people our age. Things that you don’t really hear about when people talk about university life, or the way I think American culture likes to picture it.

SG: From a structural perspective, we made This Is a Perfect Place a chronology of different experiences and events in college. For that reason I think we were able to convey feelings that came from very real places in our lives.

Do you have plan to do some release shows or release tour? Please let me know your upcoming plan.

SG: At the moment we are discussing what’s next. In a few weeks all but one of the four of us will be graduated from college and don’t have any major obligations yet– so in some ways there’s nothing stopping us from just doing it. We might not have the following to play a release show, but I think the chances are pretty good that we’ll try to pull together a few gigs. If This Is a Perfect Place took off and lots of people liked it, we’d feel obligated to start playing shows regularly haha.

Your hometown, San Luis Obispo, is away both from Los Angels and San Francisco. I know many bands from both cities, but I don’t know bands from your hometown. Would you let me know some cool bands from your local scene or close towns you often play a show with?

SG: The hometown band we have here is Heart to Heart, who has done a lot to keep the scene going around here by pulling together shows and helping host bands that are travelling between Los Angeles and San Francisco. Other bands to check out are The Mighty Fine & From The Top.

Thank you for your time despite we are just a web only media in Japan. At the last, please give a message to punk rock lovers in Japan.

The fact that you took the time to read through our interview and listen to our music means so much to us. Thank you for the support and we’re sending our warm welcome to you all across the pacific!

And thank you, Satoshi, for putting together this interview, we really enjoyed the questions you had for us.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...