[Interview] Belvedere

belvedere-02

今回は、カナダのメロディックパンクバンドBelvedereにインタビューを行いました。高速メロディックの代名詞として世界中で人気を博し、次々とフォロワーを生み出した伝説的バンド。2005年に解散を発表するも、2011年に再結成。そして今年、ファンの熱望が実り来日公演が決定。来週に来日公演が迫るという忙しい中、バンドのシンガーであり結成当時からのメンバーでもあるSteveにインタビューに答えてもらいました。

なお、来日公演は5/26(月)、27(火)の2日間の日程で行われます。詳しい情報はコチラ(5/26)とコチラ(5/27)から。

(Interview by 3104punx)

(For foreign readers; The interview article in English follows after Japanese article, so please click “Read More…” and go through to the bottom.)

 

今回はインタビューの機会をいただきありがとうございます。まずは、自己紹介をお願いします。

どうも、スティーブです。Belvedereでは、ギター/ボーカルを担当しているよ。

 

クラウドファンディングサービス、Aliveであなた達の来日公演が決まったと知った時は、どのように思いましたか?

本当に良かったと思ったよ。日本には素晴らしいファンベースがずっと存在していて、自分たちを支持してくれているから、日本に戻ってきてみんなの前で演奏できるのが本当に楽しみだよ。

 

Belvedereは一度2005年にバンドとしの活動をストップさせましたが、2011年に再結成しましたよね。再結成の理由というかきっかけみたいなものは何だったんですか?もし良ければ聞かせてください。

すこしの間、バンドから離れる時間が必要だったんだ。でも2011年になって、またお互いに話す機会ができてきたときに、「また一緒に集まって音楽をやりたいんだよな自分たち」って気付いちゃって。最初は、自分がJayと(再結成について)話し始めて、その流れでScottとGrahamに話したら、またすぐにみんな集まったって感じだったかな。

 

あなた達は世界中で”ファスト”なメロディックパンクバンドとして人気があり、力強い楽曲が多くの人を魅了していますよね。その”ストロング”で”ファスト”な楽曲によって、どのようなことを表現したいと考えているかを教えてください。

個人的な関係性から、世界中で起こっている出来事まで、様々なことを表現したいと思っているよ。一番伝えたいと思っていることは、普段生活している場所から一歩外側の世界に出て様々なことを経験し、どうしたら世の中をより良い場所にできるかって考えている人達のことだね。

 

あなた達は去年、GradeやThe Fullblast、Moneenといったバンドとカナダで共演しましたよね。そのライブはどうでしたか?古くから付き合いのある仲の良いバンドたちと一緒の時間を過ごして、どのようなことを感じましたか?

うん、あれは素晴らしいバンドが一堂に会する素晴らしい機会だったね。とっても大きなショウだったし、それぞれのバンドをもう一度見ることが出来て本当に嬉しかった。あのショウのプロモーターは仲のいい友人である、Jclothという奴だったんだ。あのショウが彼にとって、プロモーダーとしての最後のショウで、彼が過去に何回も企画したことのあるバンドばかりを選んだショウだったんだよ。

実は、Belvedereのメンバーが再び集まって活動することになった大きな理由として、彼(Jcloth)の存在があるんだ。彼が連絡を取ってきて、トロントでショウをやりたいと言ってきて、それで僕は(再結成を)考えることにしたんだ。

 

カナダには素晴らしい音楽シーンが存在していて、優れたバンドがたくさんいますよね。あなたは会場に足を運び、若いバンドのショウを見る機会があったりしますか?あなたが好きなカナダのバンドを教えてください。

行きたいとは思うんだけど、そこまではライブを見に行けてないのが実際のところ。でも、Muteはカナダのバンドの中でベストなバンドの一つだと言えるね。最近になって、彼らがカナダ以外にもショウをしにいけるようになったと聞いてとても嬉しいよ。ここ数年は彼らはカナダのパンクロック界の隠し球みたいな存在でずっといたからね。バンクーバー出身のCarpenterやPrecursorも素晴らしいバンドだね。両方のバンドを掛け持ちしているDanは素晴らしい友達で、同時に素敵な曲を書くシンガーなんだ。一緒にツアーを回ったときは、素晴らしい人生のコーチでもいてくれるしね (笑)

あと、エドモントン出身のThe Weekend Kids。あいつらはヤバいね。ぜひともチェックしてみてよ。

 

あなた達は2003年にバンドとして初めて来日ツアーを行い、あなた自身はソロツアーで2011年にまた日本に戻ってきましたよね。今でも印象深く残っているジャパンツアーでの思い出はありますか?

うん、3回も日本でツアーが出来て本当に嬉しいよ。Belevedere、This Is A Standoff、あとアコースティックツアーの3回だね。素晴らしい記憶の一つとして残っているのは、アコースティックツアーでMisled Baldsと一緒にツアーしたときに、友達でありレーベル(Bullion)を運営しているDaisukeが野球場に連れて行ってくれたことだね。東京ドームに行ってジャイアンツ対スワローズの試合を観たんだ。あれは本当にいい思い出だね。

 

日本の食べ物の中で好きな物はなんですか?あと、日本に来た時にやってみたいことはありますか?

自分はずっと吉野家が好きだけど、日本食らしいものについて言及するなら、やっぱりサーモンの刺身かなぁ。それにかっぱ巻きと酒があれば、もう言うことないね。

 

今回のジャパンツアー限定Tシャツのデザインが大好きなんですけど、あの死神がフィーチャーされたマーチャンダイズは誰のデザインですか?

ありがとう。あのドンキーコングのシャツは、Stereo Designに所属しているSebasっていう友達がデザインしてくれたんだ。彼がキーボードを使えば、本当にすごいんだ。あと、New Jersey Devils (ホッケーのチーム)の大ファンだね。

 

あなた達はショウをやるためだけに再結成したと、いくつかのニュースサイトでは言われていますが、多くのファンはライブだけでなく新曲も待ち望んでいることだと思います。話せる範囲で、今後の計画について教えてください。

みんな新しい曲を書きたくてたまらないんだけど、このバンドは今の自分たちにとってメインの仕事というわけではないんだ。家族との時間を過ごしたり、働いたりするのに忙しいからね。でも、また一緒に集まって心から誇れるもの作りたいなぁって、心からそう思ってるよ。

 

時間を取っていただいてありがとうございました。最後に、日本のみんなにメッセージをお願いします。

日本でみんなに会えるのが本当に待ちきれないよ!いつもバンドの活動を後押ししてくれてありがとう。みんなで素敵なショウにしよう!

 

-For English speakers-

Thank you for giving a chance for interview this time. First, please introduce yourself for us.

Hello, I’m Steve and I play guitar and sing in Belvedere.

 

How did you feel when you know that your upcoming Japan tour has been settled via crowd funding service, Alive?

That was great to hear. We’ve had a really great fan base in Japan and we’ve very excited to have a chance to come back to play for you.

 

Belvedere stopped running as a band in 2005, but you finally reunited in 2011. What is the reason or the trigger for your reunion? Please let me know about the story if you don’t mind.

We needed some time away from the band. In 2011 when a few of us started speaking to each other again, we realized that we wanted to come back and play music together again. Once Jay and I started talking, we then spoke to Scott and Graham and it all came together very quickly.

 

You are very popular as a “fast” melodic punk band all over the world, and your strong songs keep fascinating many punk rock lovers. Would you tell me what you’d like to express with you “Strong” and “Fast” style punk rock?

I want to cover a lot of topics from personal relationships to the world around us. The biggest thing that I want to get across is that people get outside to experience the world and think about what they can do make the world a better place.

 

You shared the stage with Grade, The Fullblast and Moneen in Canada last year, right? How was that? How did you feel to play with your old friends?

Yes that was a great chance to get these bands all in the same room. It was a big show and we enjoyed seeing everyone again. The promoter that put on the show was a dear friend of mine (Jcloth). This was his last show and he chose all the bands that he had done lots of shows with over the years. In fact, Jcloth was one of the big reasons Belvedere got back together again. He reached out to me and said he wanted to do a Toronto show for us. it got me thinking….

 

In Canada, there are great music scenes and so many prominent bands. Do you often go to the venue and see some young bands than you in Canada? Please let me know some Canadian bands you like!

I don’t go out as much as I’d like but I was would say that Mute is one of the best bands out there. I’m happy to hear that in the last few years they’ve been able to go out to some of the rest of the world. For years they were one of Canada’s best kept punk secrets. The bands Carpenter and Precursor from Vancouver are wonderful bands as well. Dan from both bands is a great friend, wonderful songwriter and singer. He’s also a great life coach on tour :).
The Weekend Kids from Edmonton are fucking awesome. Check them out.

 

You did first Japan tour as a band in 2003, and you came back to Japan in 2011 for your solo tour, right? Is there any memory of Japan tour you have strongly even now?

Yes I’m lucky to have been to Japan 3 times on tour. Belvedere, This Is  A Standoff and acoustically. One of my best memories was travelling around with the Misled Balds guys on my acoustic tour and my friend and label guy, Daisuke (Bullion) taking us to a Baseball game. We went to the Tokyo Dome to see the Giants versus the Swallows. Such a great memory.

 

What is your favorite Japanese food? And is there something do you want to try in Japan? For a fast food type chain

Yoshinoya has always been good to me but for specific types of food I’d say Salmon Sashimi, with cucumber sushi and your best sake is about as good as it gets for me 🙂

 

I love the design of your exclusive T-shirt for Japan tour time. Who designed your merchandise a reaper featured?

Thank you. The Donkey Kong shirt was designed by our friend Sebas from Stereo Design. He’s a wizard behind the keyboard and a big New Jersey Devils fans.

 

Some news websites said that your reunion is just for playing shows, but I think many fans of you are also waiting for your new music. Please let me know about your future plan as long as you can tell.

We are anxious to write new music but the band is not our full time job. We are busy with families and work but we do hope that we can get together and write something that we’re all proud of.

 

Thank you for sharing your time with us. In the end, please give a message for Japanese fans of you!

I can’t wait to see everyone soon in Japan. we thank you for always standing behind our band. Let’s party.

 

来日公演情報 (詳しくはコチラから)

2014/5/26(月) @渋谷 Cyclone
w/ Secret Guest, Misled Balds
Open/Start 18:30/19:30
Ticket: 5000円

2014/5/27(火) @渋谷 Garret
w/ Engrave, Cleave
Open/Start 18:30/19:30
Ticket: 5000円

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...