[Interview] All Found Bright Lights

AFBL

今回は、名古屋出身のPop Punk/Hardcoreバンド、All Found Bright Lightsにインタビューに答えていただきました。バンドは今年の11月に初の正式音源”Into The Wild”をリリースしたばかり。現在は全国ツアーを行っていて、つい先日沖縄ツアーを終えたばかりという多忙なスケジュールの中、貴重な話が聞けました。若くてエネルギッシュなバンドだからこその、ちょっぴりやんちゃで楽しそうな回答が印象的です。

All Found Bright Lights are;
Vo: Yoshiaki
Ba: Takuya
Gt: KENTO
Gt: Showhey
Dr: KAWABATA

Facebook / Twitter

 

 今回はインタビューに応じてくださってありがとうございます。まずはじめに、メンバー紹介と、バンドのこれまでの生い立ちについての紹介をお願いします。

-名古屋のALL FOUND BRIGHT LIGHTSです!ボーカルのYoshiakiとベースのTakuyaとギターのKENTOリードギターのShowheyドラムのKAWABATAです!

このバンドの生い立ちはギターのけんとが僕(よしあき)と同じ高校で、誘われたのがきっかけです。最初は全然仲良くもなく、NFGとかBlinkが好きなやつぐらいにしか思っていませんでした。そっからそんとき流行ってたFYSとかADTRみたいなバンドやろってなりましたね!ほかのメンバーは紆余曲折を経て入ってきました笑

結成時はとりあえずコピーしたりただ遊んでました!3回目のライブのときにAnswer For LifeというイベントにO,Aで出演したのがきっかけでバンドをちゃんとやろうってなりました!そのときに主演していたのが、HNIB, SCARFACE, LOST, aSP, IZPだったりと、かなりの刺激をもらったのを覚えています。

 

 今年の11月にバンド初の正式音源”Into The Wild”がリリースされましたね。リリースおめでとうございます。無事にリリースされた今の率直な気持ちを教えてください。

-やっと出せた!ってのが一番強いです。正直もっとはやく出しておけばよかったなんて思ったりもしましたが、今となっては一番ちょうどいい時期に出せたのかなと思います。

 

 EP”Into The Wild”の中でうまく表現できたと思うところ、こういうところをみんなに聞いて欲しいと思うところを教えてください。

-実際、昔からやっていた曲を録っただけなんですよ!その中でも新曲pm4:20とon and onはしっかり聞き込んでほしいです!

 

 逆に、EPの制作において大変だった点、苦労した点はありますか?

-アルバム発売を決定してから時間がかなり少なかったことですね。そのせいでレックや曲作りがかつかつになってしまってかなり苦労しました。

次リリースするならかなりの余裕がほしいです笑

 

 EPのリリースツアーが始まって、日本全国でたくさんライブを積極的にこなしている印象ですが、各地でのライブの雰囲気がどのようなものだったか教えていただけませんか?また、ツアー中の思い出なんかも教えていただけると嬉しいです。

-やっぱり遠い土地にいって自分たちの曲でテンションあがっているのをみるとかなりこっちもテンションがあがります!僕たちが見えないところで音源を聞いてくれているんだなと強く実感しました。

ツアーはかなり楽しいです!いろんなとこにいって友達とあってライブして、最高だなと思います。だけどメンバーの足の臭さがやばすぎて、いつも揉めています。

 

 来年の1月には、Romantic Nobita Records企画のCan’t Bear This PartyのJapan Tourへの参加が決定していますよね。曲に電子音が取り入れられているという点で共通点があると思うのですが、実際にPop Punk/Hardcoreに電子音を取り入れるスタイルは、どういったバンドに影響されたものなんですか?バンド結成時にどのようなバンドに影響されたのかも合わせて教えてください。

電子音を入れるきっかけになったのはChunk(Chunk! No, Captain Chunk!)とCBTP(Can’t Bear This Party)ですね!Radio Feelingsなんかもよく影響うけていました。

バンド結成時はFYS(Four Year Strong)とSYG(Set Your Goals)に完全に影響うけていました!あとはTWY(The Wonder Years), All Heart, Carousel Kings, Kid Libertyを聞いて曲作っていました。

バンド結成したときは向こうでEasycoreのバンドがめちゃめちゃいたので、PSTEで勉強していました笑

 

 今、日本でポップパンク、メロディックパンクシーンが盛り上がっているように思いますが、どのように感じていますか。国内のポップパンクバンドで仲のいいバンド、おすすめのバンドも教えてください。

-正直、自分たちがバンドを始めた頃とは圧倒的に客層が増えたと思います。POPPUNK?EASYCORE?なにそれ?だったシーンが今では海外のPOPPUNKをディぐったり、EASYCOREがはやりのワードになっていたりします。だからとてもうれしいですね!After Tonightのライブを久しぶりに見たときにお客さんがまるで海外のノリだったのがとても印象的です!

仲のいいバンドはたくさんいますね!POP PUNKでいえばAfter Tonight, Accident I Loved, The American Movie, We Are The Champion$, Augustailなどなどかなり仲いいです!おすすめのバンドだとPOPPUNKではないですが、a Soulless Pain, Shark Ethic, 04 Limited Sazabys, ENTHですね。すべて名古屋のバンドですが笑

 

 EPの4曲目”Dawn of The Dead”のような曲からは、ハードコアからの強い影響がうかがえますが、こういった音楽性については、地元の名古屋のシーンからの影響が大きかったりしますか?名古屋の音楽シーンについても、いろいろ教えてください。

-名古屋のシーンはもちろんそうですが、a soulless pain, Shark Ethic, Gonnies Never Say Die!からの影響はすごいです!先輩が偉大すぎました!

名古屋のバンドマンはすごいみんな仲いいと思います!ライブ関係なくみんなで遊びにいったり、オンラインのゲームしたり笑

問題はPOPPUNKのバンドが全然いないことぐらいですね笑

 

 今年を振り返ったときに、バンドにとって大きな変化をもたらした出来事はありますか?また来年の目標、野望を教えてください。

-やはり、CDをリリースしたことですね!それによってかなり大きく変化したと思います。

来年は今年よりもさらに飛躍の年にしたいと思ってます!!

 

 ありがとうございました。最後に何でも言いたいことをぶちまけちゃってください。

-PUNX SAVE THE EARTH!!

いつもありがとうございます!かなりの勉強になっています!!

そして、これからも僕たちの活動を見守っててください!!

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...