[Review] Mayday Parade “Monsters in the Closet”

Monsters In The Closet

Release Date: 2013/10/08
Label : Fearless Records

Facebook / Amazon

3rdアルバムではタイトルをセルフタイトルとし、メジャーレーベルからインディーズレーベル(Independent Label Group)へと籍を移してリリースして、まさに原点回帰を見せたポップパンクバンド、Mayday Parade。

そんな彼らの4thアルバム『Monsters In The Closet』が古巣Fearless Recordsよりリリースされた。このアルバムには今までのアルバムにはない、彼らのドラマを感じることだろう。

爽快なサウンドでありながら、大切な人を思う切ない気持ちを歌った『Girls』、メロディックでどこか悲しげな『The Torment Of Existence Weighed Against The Horror Of Nonbeing』、青く爽やかで男臭さが入り混じった『Demons』……2ndアルバム『Anywhere But Here』では自由に作曲活動ができなかったと語っている彼らが一度原点回帰し、彼ら自身の音楽に改めて向き合うことで音楽に対する熱が一層増したように思える今回のアルバム。

一度スタートに戻り、今回で新しい一歩を進んだ今の彼らだからこそ生まれる青春がここにはあり、Mayday Parade好きはもちろん、初めて聴く人でも思わず胸が熱くなることだろう。

(Written by 北村奈都樹 [Twitter])

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...