[Interview] No Tide

no tide

今回はネブラスカ州のインディー/メロディックパンクバンド、No Tideにインタビューに答えてもらいました。今年の5月には2枚目のEP”Meridian”をリリース。音源がbandcampにて全曲聴くことができます。このEPのプロデューサーは、ボストンのハードコアバンドDefeaterのメンバーで、数多くのバンドの音源を手掛けていることでも有名なJay Maas。ギターとボーカルを担当するWillにインタビューに応じてもらいました。

No Tide are;
Will Conner
Shane Standlea
Roeby Hauf
Sean Murphy

Facebook / bandcamp

 

バンドを結成したのはいつですか?また、どのようなバンドに影響されてバンドを始めましたか。

– 厳密に言うと結成されたのは2011年だね。それぞれのメンバーは同じ高校の違うバンドをやっていたんだけど、結果としてNo Tideとして集まった感じ。バンドを始めたころ特に影響を受けたバンドはLifetime、Saves The Day、そしてThe Get Up Kidsだね。あと、Title FightやTransit、The Story So Farといった最近のバンドにも影響を受けているよ。

 

今年に入って“Meridian”という新しいEPをリリースしましたよね。このEPにはどのような音楽が収録されているのか、またその曲のテーマ(歌詞の意味など)について教えてください。 

– “Meridian”に関しては本当にいいものが出来たと思っているよ。テーマは曲によって違うんだけど、EP全体としては”自分自身が存在すべき場所を探す”っていうテーマがあるんだ。僕たちは、多くの人が大学を卒業して人生において大事な決断をする時期にあたる年齢なんだ。そして、僕たち自身は、音楽の道に進み夢を追いかけるっていう、時に厳しい道を選んだんだ。だから、曲の歌詞の内容としては、仕事や友達、いろんなものとの繋がりといったみんなが持っている、ある種のあってしかるべき何かを探すためにもがいていることだったりが書いてあるよ。その何かっていうのは自分たちにとっては、ツアーに出て音楽に向き合ってる時間なんだけどね。

 

新しいEPはDefeaterのメンバーとして知られるJay Massのプロデュースだったと思うんですけど、いつどのように彼と出会ったんですか?もし彼に関する話があれば教えてください。

– Jayは、自分たちの前のEP” I Hope I Don’t Get Left Outside”のミックスをしてくれたんだよ。そして、そのときに今度の作品ではボストンにある彼のスタジオに行くって話したんだ。その作品が” Meridian”さ。彼がプロデュースしてくれるのはもちろん、最初から最後まで彼と一緒に制作ができるっていうことにとっても興奮していたよ。彼は自分たちが尊敬している多くのバンドの作品にも関わっているし、自分たちの作品に喜んで携わってくれたのは本当にうれしいことだったよ。Jay と制作を進めるなかで本当によかったと感じたことなんだけど、音楽に対して、そして自分たちがどうしたいかに対して本当に真摯に向き合ってくれるんだ。それは、すべてのプロデューサーが持っているべきことではあるんだけどね。スタジオに持ち込んだ楽曲を掘り進める作業はとても楽しかったし、すぐに打ち解けたんだ。だから一緒に制作を進めることに緊張することもなかったし、作品として仕上げる作業を心から楽しんだんだ。僕にとっては、その方法こそがレコードを作る時のあるべき姿だと思ってるんだ。

 

この9月に、Storm The Bay、The Weedsとともに東海岸ツアーを行ったようですが、いかがでしたか?あなたたちの演奏に対するお客さんの反応はどのようなものでしたか?

– 本当にツアーは大成功だったよ。今回が2回目の東海岸ツアーだったけど、またすぐにでも行きたいと思うし、ずっと続けていきたいな。ほとんどの地域で、地元のキッズは僕たちの音楽を気に入ってくれたみたいだったよ。今まで会ったこともなかた多くの人と出会ったんだけど、みんな僕たちの音楽が好きだって言ってくれたんだ。それがツアーで一番良かったところかな。自分たちの音楽を聞いてくれててしかも好きだって言ってくれる誰かに出会うことって本当に難しいことだし、今まで会ったことのない人たちに対してライブバンドとして自分自身を表現できたことは本当にエキサイティングなことなんだ。

 

アメリカのバンドではどのようなバンドを仲がいいですか? あなたたちの出身地であるネブラスカ州のパンクロックシーンについて教えてください。おすすめのバンドはいますか?もちろん、他の州のバンドも含めて教えて欲しいです。

– ネブラスカのシーンは、他の州と比べるとそこまで大きくはないんだけど、いいバンドはいるよ。下にあげるのは全部がネブラスカのバンドってわけじゃないけど、どれも音楽に対して真摯に向き合っていて、ぜひともサポートして欲しいバンドばかりだよ。
Stickup Kid, Pentimento, Maker, The Sheds, Turnover, Such Gold, Major League, Thieves, Citizen, Four Minute Mile, Stanley and the Search, Heart To Heart, State Champs, Handguns, Guts, Logan’s Run, Bent Life, Everybody Talks, Keeper, Forget About Tomorrow, Sunning, Old Again.

 

インタビューでいつも聞いてることなんですが、日本のパンクロックシーンについて何か知っていることはありますか?また、文化や食べ物などについて日本にはどのような印象を持っていますか?

– 残念ながら、日本のバンドについてはあまり知らないんだ。きっと素晴らしいバンドがいるんだろうって思うけどね。日本をツアーしたことのあるアメリカのバンドから聞く限り、日本の人たちはライブでバンドを見ることや音楽を聴くことに対してとても敬意を払うっていう印象があるね。みんないい人ばかりだし、新しい音楽にたいしてとてもオープンでライブを楽しんでいるっていうことを、日本をツアーで回った友達から聞いたよ。アメリカにいるキッズの中には、いかにライブでカッコよく振る舞うかとか、バンドの音にどうカッコよく反応するかとか、そういうしょーもないことにばっかり捉われているキッズがいるんだ。でも、日本ではみんな純粋に音楽を楽しんでるって聞いたし、それってとってもいいことだよね。

 

ツアーやリリースなど今後の予定について教えてください。

– もうすぐ4 way splitをリリースする予定だよ。時期とか詳しいことは言えないけど、ほんともうすぐだよ。あと、来年の春には新しいEPをリリースして、夏の初めにはアメリカ全土を回るツアーに出るつもりなんだ。

 

ありがとうございます。最後に日本のみんなにメッセージをお願いします。

– 本当にできる限り早く日本をツアーで回りたいと思っているよ。もし日本に住んでいて、No Tideのことを知っていたら、周りの友達にどんどん広めてね。最後まで読んでくれてありがとう!

 

For English speakers

being interviewed; Will (Vocal/Guitar)

When did you start the band? And, from what bands you guys are influenced when you start the band?

– No Tide technically started in 2011, but the members at the time had played together in other bands in high school that eventually became No Tide. The bands that really influenced No Tide in the beginning were Lifetime, Saves The Day, The Get Up Kids, and also newer bands like Title Fight, Transit, and The Story So Far

 

I know you released new EP called “Meridian” this year. Please let me know what kind of music in this EP and theme of those songs (lyrics meaning).

– Meridian is definitely the release we’re most proud of. Themes differ from song to song but overall the EP is about trying to find your place in the world. We’re at the age where a lot of people are graduating college and doing important things in life. We decided to go down the path of music and following our dreams which is difficult sometimes. So some of the lyrics are about trying to find some sort of normality in the things everyone has like jobs, friends, relationships, and such while being on tour and focusing a great deal of our time on music.

 

I think your new EP is produced by Jay Maas, who plays in Defeater. When and how did you guys get to know him? And please tell me the story with him if you have something to tell.

– Jay did the mix on our old EP “I Hope I Don’t Get Left Outside” and we had talked about going out to his studio in Boston, Massachusetts for our next record which became “Meridian”. We were really excited to work with him start to finish on a recording as well as have him produce the record. Jay has worked with a lot of bands that we really look up to and the fact that he is willing to work with us as well is a good feeling. The thing we liked about working with Jay was that he truly cares about the music and knows what we’re going for which is a must have for any producer. It was great to dig into the songs we brought to the studio and we became good friends so fast that there wasn’t really any nervousness about working together, and right off the bat it wasn’t as much of a wall between producer and the band, we were all having fun and working on something collectively. To me that’s the way a record should be made.

 

You were touring northeast this September with Storm The Bay and The Weeds, right? How was that? How was the audience reaction about your music?

– The tour went great. This was our second time on the US east coast and we can’t wait to return and just keep things going out there. Kids for the most part at shows seem to like what we’re doing. We’ve had a good amount of people come up to us who hadn’t heard of us before and just say they really liked our songs or whatever and that’s like the best part of touring. Getting someone new to hear and also like your music is one of the hardest things so to be able to present yourself as a live band to new faces is really exciting.

 

What bands in US do you get along with? And please let me know about Nebraska punk rock scene. What’s your recommend among Nebraska bands? Of course, I’d like to know other states’ bands you recommend!

– The scene in Nebraska isn’t quite as big as some other parts of the US, but there are good bands! These aren’t all from Nebraska, but here are a lot of our friends hard-working bands that could use support:

Stickup Kid, Pentimento, Maker, The Sheds, Turnover, Such Gold, Major League, Thieves, Citizen, Four Minute Mile, Stanley and the Search, Heart To Heart, State Champs, Handguns, Guts, Logan’s Run, Bent Life, Everybody Talks, Keeper, Forget About Tomorrow, Sunning, Old Again.

 

This is the question I always ask in interview. Do you know something about punk rock scene in Japan? (Japanese bands, for example)

– Unfortunately I’m not familiar with many Japanese bands. Although I’m sure there are some awesome ones. The impression I have as far as bands from the US who tour in Japan is that the people are very grateful to see bands and hear new music. I have heard from friends band who have been able to tour Japan that everyone is so nice and very open to new music and just having fun at shows. Some kids in the US are concerned with dumb things like how to act at a show, or that there are only certain “cool” ways to react to a band or enjoy the show. But I have heard in Japan everyone just wants to have fun and I like that a lot.

 

Please let me know your future plan. (about tour, new release and anything else)

– We are going to be on a 4-way split 7” record very soon, I can’t quite announce it yet. We do have plans for another EP of our own in Spring 2014 as well as a full US tour in the beginning of summer.

 

Thank you so much. At last, please give a message for Japanese people.

– We really hope to tour Japan as soon as possible! If you live in Japan and know about our band, please tell your friends! Thanks a lot for having me.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...