[Interview] Brave Out (part3)

5曲入りの7インチ音源”Growing Distance“を3/18にリリースする大阪のユースクルーハードコア、Brave Outのインタビュー。part2からの続きです。

part3ではメンバーそれぞれが好きな音楽についての話、さらにリリース後のライブやツアーの情報について載せています。

(Interview by 3104punx)

Brave Out are;
Vo: Yoshikawa
Gt: Takasago
Ba: Nezben
Dr: Hideta

Facebook / bandcamp / Twitter

ありがとうございます。じゃあ最後に、よく聞いてる音楽とか好きな音楽を教えてください。個人的には、ハードコアにハマるきっかけになったバンド、Brave Outが好きな人にはこれもオススメっていうバンド、最近よく聞いててオススメのバンドをそれぞれ聞いてみたいです。

Hideta: ハードコアにハマるのは、それまでパンクが好きで、70年代のバンドやったらThe DamnedとかBuzzcocks、んで90年代やったらGreen Day、Pennywise、NOFXなんかを好きで聞いてて。んで、80年代は何があるんやろって調べたらハードコアがあって。

それで、Bad Brainsが初めて聞いたハードコア。

Takasago: めちゃくちゃいい入りやん。

Hideta: そこから、Cro-Mags、Leewayと続いて、大学でハードコアをテーマにした卒論を書くに至るっていう笑。

Brave Outを聞く人にオススメのバンドっていうか、個人的に影響を受けたバンドなのが、Gordon Ivy & The Jaybirds (Man Against Man)。全てにおいて影響を受けました。

最近よく聞いてる好きなバンドやと、Red DeathとかProtesterとか、DCのバンドかなぁ。

Yoshikawa: ハードコアにハマるきっかけになったバンドはMinor Threatちゃうかな。知名度とか立ち位置とか、なんの予備知識もない状態で、強いていえばRage Against The Machineがカバーしてるってぐらいのレベルの知識で聞いて、めちゃくちゃかっこいいなってなって。今振り返ると、その頃の自分って、マジでセンスあったんやなって思う (笑)

Minor Threatの”Out of Step”って曲の歌詞で、”I can’t keep up, can’t keep up, can’t keep up Out of step with the world”っていう一節があるんやけど、そこが今も自分の根底にあるんじゃないかなって思う。世界から距離を置き続けることはできない、っていう内容の歌詞なんやけど。

あと、Minor Threatの歌詞の中で一番衝撃的やったのが、”Minor Threat”っていう曲の2バンドのサビ行く前の部分で”Take your time”っていう歌詞があるんやけど、これが結構衝撃で。

それまで、聞いてきた音楽って、今すぐやれ、早くやれ、みたいに生き急がせるような歌詞が多くて。たとえば、ブルーハーツでいうと、「うまくなるのを待ってたら、おじいちゃんになっちゃうよ」っていう具合に、割とパンクとかは、急がすような歌詞があって、自分もどこか気持ち的に急いでる部分があったんやけど、”Take your time”ってのを聞いて、「いいんや、それで」ってなって。そういうアプローチがあるんやって、目からウロコやったなぁ。こんな激しい音で、そんなこと言ってるんやってなった。

確かに80年代でその考え方ってすごいすね。

Yoshikawa: うん。それからもわかるように、ハードコアのいいところは、現実的なとこかな。人生がずっと続いていくこと前提で出来てるっていう感じがね。

じゃあ次は、Brave Outが好きな人に聞いて欲しいバンド。

Yoshikawa:  True Colorsかな。

Takasago:  True Colorsでどの音源が好きっすか?

Yoshikawa: 1stアルバムの”Focus On The Light”かな。初めて聞いた時びっくりした。めちゃくちゃやのに成り立ってて。ボーカルのデフォルメがすごくて、これマジでやってんの?、ウケ狙ってんのちゃうん?って思った 笑。

それってボーカルのスタイルとか影響受けてます?

Yoshikawa: うん、結構受けてるなぁ。

なるほどー。じゃあ、最後に、今聞いてるのでオススメのやつ。

Yoshikawa:  ハードコアで最近聴いてたのはEcostrikeUnited FrontEternal Bかな。Regulateはメンバーの過去の性的暴行の件を知って以来、聴かなくなった。  

で、その前よく聴いてたのはHigher PowerBlind Authorityとかかな。イギリスのLeedsのバンドは割りと聴いてる。最近出てきたSweet Visionとか。 Blind Authority は、もう一個のバンドの曲作りの参考も兼ねて、今も聴いてるなぁ。

カーステにUSBメモリつないでるから、勝手にabc順に流れてるのを聞いたりすることも多くて。 新旧や、オールドスクール・ニュースクール問わず聴いてるかな。  あと、車に乗ってる時は、fallsをよく聞いてるかなぁ。ハーモニーってかメロディーが好き。

へー、なんか意外ですね。

Nezben: メンバーの人も、まさかBrave Outのインタビューで名前出ると思ってないでしょうね笑。

Takasago: 高校のときはハイスタとかノーエフとかのメロコアが好きで、自分のなかで速い音楽が好きって思って、その延長でRazors Edgeとかよりスラッシーなバンドを聴くようになりました。

そっから、日本のファストなバンドを色々探すようになって、そのなかで良いなって思ったのが、VivisickやTotal Furyとかで。

んで、当時流行ってたMySpaceに、そういうバンドが影響を受けたバンドとして、Bad BrainsとかVOIDとかMinor Threatとかって書いてあって、アメリカの80年代のハードコアに影響を受けてるっていうのを知りました。そこからどんどん海外のハードコアを掘り下げるようになっていった感じですね。

なるほどー。じゃあ、Brave Outが好きな人に聞いて欲しいやつ。

Takasago: んー、難しいすね。挙げだしたらキリがないし。

でも、今回の作品を作るにあたって、オマージュ(notパクリ、ビックリスペクト)したバンドは、True Colors、Union of Faith、元Pointing FingerのメンバーがやってるClean Break、Young Blood Recordsから出てるFired Upあたりですね。

挙げたバンドは全部、印象に残るっていうかインパクトがあるんですよね。フレーズもキャッチーやし、展開も凝ってるし、かなり参考にしました。

Not パクリね笑。じゃあ、最近聞いてるバンドは?

Takasago: Salad Daysを年始に見て、DCのGo-Go系とか、ソウル系とか聞いてます。

へー、それほんまに? わざと外さんでいいよ? 笑

Takasago: いや、ほんまに聞いてますよ。あ、あと、China Drum。

China Drumは最高!

じゃあ、最後。

Nezben: うーん、どこからがハードコアかが難しいですけど、きっかけはAnthraxかなぁ。んで、そのあとタカサゴと出会って、いろいろドバーって教えてもらって。

教えてもらった中で一番いいなと思ったのは?

Nezben:  The First Stepすね。

 元々がメタル入り?

Nezben: うーん、メタルっていうかハードロックすね。Van HalenとかLed Zeppelinとか。んで、ユースクルーは、大学に入ってからっすね。タカサゴと出会ってから。

じゃあ、次はBrave Outが好きな人に聞いて欲しいやつ。

Nezben: 音楽は関係ないですけど、一個面白い話があるとすれば、大学の研究室でConvergeのドラムのやつのモノマネをしてたら、その隣にいた同級生のやつが、「俺の友達、ハードコアのバンドやってんで」って教えてくれて、それがタカサゴやったっていう。

へー!そうなんや!てか、研究室でConvergeのドラムのモノマネって、どういうこと?笑

Takasago: んで、おれがその友達と遊んでるときに、研究室にハードコア好きな人おるでーって教えてもらって、自分としては「ハードコアとか言ってもメジャーなラウドロックとかやろー」って思ってたんやけど、好きなバンドをそいつ伝えに聞いてもらったら、「Now or Never (大阪の伝説的なメロディックハードコアバンド)」って返ってきて、マジで!?ってなって。

Nezben: んで、ゾリさん(元Now or Never、Gordon Ivy & The Jaybirds、現Violent PigzCycosisなど)がすごく憧れの人やったから、そのゾリさんとバンドやってるってなって(TakasagoがGordon Ivy & The Jaybirdsのヘルプをやってた)、うわ!ってなって。

Takasago:  ちょうど、元々Brave Outでベース弾いてた染田さん(Violent PigzMan Against Man)が辞めるってタイミングやったから、代わりにツジモト(Nezben)に入ってもらったっていう。そー考えたら、ゾリさんは偉大です。

じゃあ、最後に、今聞いてるオススメのバンド。

Nezben: 仲のいい友達のやってる、Gibberishですね。ほんとすごいバンドやと思います。

あ、ねー。久しぶりにかっこいいと思ったメロディックバンド。

Nezben:  その友達、自分の理想とする音を作るのにすごい苦闘してて。その結果、ああいう形でバンドをやってて(Gibberishは遠隔地のメンバーによる多国籍バンド)、すごいなぁって思います。

みなさん、長い時間ありがとうございました。最後にリリース後のライブやツアーの情報を教えてください。

Takasago: 今のところ決まってるのは、こんな感じです。

3/18(土) 金沢 @Gateblack

3/19(日) 大阪 @心斎橋 火影

4/22(土) 東京 @初台 Wall

4/29(土) 大阪 @心斎橋 King Cobra Squad

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

[Interview] Brave Out (part3)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: [Interview] Brave Out (part2) | PUNX SAVE THE EARTH

コメントは停止中です。