[Disk Review] Say Hello To Sunshine ”Anemic”

say hello to sunshine anemicRelease Date: 2014/09/24
Label: Maxtreme Records
Hometown: Tokyo, Japan

Facebook / Tumblr / Amazon

日本の若手インディーロックシーンの中に突如として現れた才能溢れる5人組、それがSay Hello To Sunshine。「突如として」というのは、”Snowed”という曲のLyric Videoの公開を受けて初めてバンドを知った自分の個人的な感想も含んでいるが、今回紹介するEP”Anemic”のリリースによって、多くの人がこのバンドを知るようになったのは間違いないだろう。

Say Hello To Sunshineというバンド名を聞けば、だれもが思い浮かべるのが、スクリーモというジャンルを世の中に広めることとなったロックバンドFinchの2ndアルバム。キャッチーさとセンセーショナルさを与えるフレーズとして、「Finch直系」や「Finchの後継者」といった宣伝文句が多くのメディア上に躍っているが、決してその一言でこのバンドの音楽性を判断して欲しくない、そういった音楽性の幅広さとセンスの高さを感じさせる作品が、”Anemic”というEPである。

USのインディーロック/エモシーンからの影響も感じられる”Snowed”、00’s初期のEmo/Rockの風合いを感じさせる”Fridge”、スケールの大きなロックサウンドが魅力の”Red Iceberg”、爽やかでいて熱量も感じる”Football Tossing”、二つの世界の間で揺れ動くかのような独特の世界観を持った”Mulholland Dr.”と、それぞれがそれぞれの楽曲にしか表現できない魅力を持った5曲が詰まっている。

それら5曲に共通する要素は、「エモーショナル」であるという点。ただ、エモーショナルというと心の奥にある感情を全力で伝えようと叫ぶような音楽性を想像する人が多いと思うが、Say Hello To Sunshineの楽曲は優しく語るように感情を伝えてくれる。そして、結成されてまだ年数の浅いバンドとは思えないほどの”余裕”が感じられる楽曲ばかりで、肩肘張らずに楽な気持ちでサラっと聞けるのも大きな魅力である。

バンドメンバーが描くイラストを使ったLyric Videoを公開したり、楽曲のアコースティックパフォーマンス映像やカバー音源を公開したり、EPのリリースツアーを行ったりと、EPリリースを一つの区切りとして活動を落ち着かせるのではなく、むしろこれからの活動の起爆剤として位置づけ、積極的な活動を続けるバンド。今月も毎週末全国でライブを行っていたり、近日中に新たなミュージックビデオを公開する予定もあったりと、今後の活動も見逃せないのはもちろんのことながら、まずはこの完成度の高いEPをチェックして欲しいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Sponsored Link