[Interview] Wrong State

大阪のハードコアシーンを押し上げ、引っ張り、大きなものにしていってる、Brave OutやNumbernineといったバンドのメンバーが在籍するハードコアバンド、Wrong State。今年の6月に1st showを行い、今月待望の初音源”Flase Justice”をリリースします。

今回は、ハードコアに対して積極的で貪欲なバンドの中心的メンバー、ギターのタカサゴ氏にインタビューに答えてもらいました。バンド名の由来や歌っている内容、今後の活動なんかについて、サクサクっと答えてもらってます。

 

(Interview by 3104punx)

Wrong State are;
Vo:ノブ(Take Your Marks)
Gt:コウジロウ
Gt: タカサゴ (Brave Out / Violent Pigz / Diskover (Support))
Ba:サカイ(Numbernine)
Dr:ヒデタ(Brave Out / Cycosis / Switch Back)

Instagram / BASE (WebStore)

 

まずはじめに自己紹介をお願いします。

ギターのタカサゴです。他にBrave OutやViolent Pigzや、Diskoverのサポートギターもしてます。

 

メンバーのみんなは他にもそれぞれバンドをやってたりするけど、どういう経緯でバンドを組むことになったんですか?

きっかけは去年の10月、それまで福岡に住んでたノブが新卒1年目の配属で大阪に引っ越してきたことでした。せっかくだし何か一緒にバンドやりたいねーってことで動き出して、その後ヒデタ、サカイ、コウジロウが加入してWrong Stateが結成されました。

 

名刺代わりになる最初のEP”False Justice”、聴かせてもらいました。
モダンで線の太いサウンドってのは軸に置きながら、いろんな要素を加えてバランスよくまとまってて、「めちゃ人気でそう!」っていう感想なんですが、曲作りはどんな感じで進めたんですか? サウンド的に意識したバンドとかっています?

さすがサトパン先生、褒め上手ですね!笑 見習います。笑

最初は、FloorpunchとかRight Brigadeみたいなタフなユースクルーやりたいなってノブと話してたんですけど、結局集まったメンバーがユースクルーぽくないDrunkなやつだったのもあって、どうせやるなら、BRAVE OUTとか今まで自分がやってきたこととは差別化したサウンドをやっていきたいと考えるようになりました。

本題ですが、曲作りは僕がギターのリフを中心に案を持っていって、それをみんなで肉付けしていく感じです。

意識したバンドというと、Internal Affairs, Bracewarにはかなり影響を受けました。
差別化したサウンドを目指す中で、上記2バンドのNYHCとPOWER VIOLENCEの中間というか、おいしいどこ取りな感じが僕の中ではかなりツボでした。

 

レコーディングも自分たちでDIYに進めたって聞いたんですが、どういった感じだったんですか?

Brave Outのベースの辻本が、サラリーマンをしつつ「4th Flet Sounds」という名前でレコーディングエンジニアを最近始めたんですが、僕らの音源も彼に録ってもらいました。

東心斎橋のP4 studioのセルフレコーディングルームを借りて、1日でなんとか録りきりました。彼は絶賛レコーディング募集中みたいなんで、レコーディングしたい人は是非!笑

DIYな方法を選んだことについては、もちろんコストを抑えれることも理由の1つですが、自分がやりたいようにモノを作れるのが楽しいって言うのも大きいかと思います。辻本も好きな機材で好きな音を出したいって思ってるだろうし。

話が逸れますが、今回の音源はカセットを自主レーベルのFired Stomp Recordsから出すし、Tシャツもノブが刷るし、レコーディング以外も自然とDIYな方法をとってますね。

 

バンド名の由来は?ジョーク的な意味にも取れるしポリティカルな意味にも取れるから、興味あります。

由来については、曲のイメージに合うようなネガティブな単語をいれたくて今のバンド名になりました。

後付けですが、差別やマイノリティを否定するクソなやつやそういう風潮がまさにWrong State(悪い状態)で、そいつらには「ファッキュー!」と浴びせ続けるぜ!ってのが意味的なところになりますね。決してポリティカルなバンドではありませんが、歌詞もそういう感じです。

でもメンバーで飲みにいって、酔ってふざけてる僕らが1番Wrong Stateかもしれません!笑

 

それぞれみんな別にバンドをやっている中で、このバンドは今後、どういった活動方針でやっていくんですか?「バリバリライブするぜー、呼ばれたら別の地域にもいくぜー」とか、「ライブは年に3回限定だぜー」みたいなのを教えてください。

Wrong Stateはサイドプロジェクトでスタートしましたが、遠方含めけっこうライブが決まっててビックリしてます!

この破竹の勢いで来年はSound &Fury(※アメリカ西海岸のハードコアフェス)辺り出てるかも知れないし、メンバーと喧嘩して解散してるかもしれませんね笑

とりあえずがんばります!

 

ありがとうございます。最後に、「Wrong Stateのココが魅力だぜ!」ってのをメッセージとしてください!

Raybeezの遺骨を10時間じっくり炊き込んだ動物系出汁に、Infest来日時にメンバーがくれた秘伝のタレをプラスした重厚なスープ。
Ian MacKayeを彷彿させるエッジの効いたストレート麺。
トッピングは最高級、Mike Judgeの腹肉チャーシューを使用。
ヘビーだが飽きの来ない深みのある味わいなので、多くの方にご賞味いただきたい。
替え玉は、ライブハウスで受け付けます。

 

[Release Info]

タイトル: False Justice (Tape)
リリース日: 2017/10/14
レーベル: Fired Stomp Records
購入できる場所: 10/14のライブよりバンドの物販およびウェブストア(コチラ)で購入可能
(デジタル音源はFired Stomp Recordsのbandcampより購入可能)

 
[Live Info]
2017/10/14 (Sat) Edge Day ’17 @金沢 Az G Studio
w/ Fatal / Lifeless City / xOne Wordx / Brave Out / Youth Issue / The Communion

2017/10/21 (Sat) Existence Proof col.23 @大阪 心斎橋 火影
w/ Hollow Suns / Crow Dragon Tea / Fireplay / Numbernine / Weird

2017/11/4 (Sat) Soul Dishcarge “Strictly Groove” release tour @大阪 松屋町 地下一階

w/ Soul Discharge / Brave Out / Ex-C / Girl Cops / Runner

2017/11/18 (Sat) SMD Fest ’17 @大阪 心斎橋 KING COBRA & SQUAT
w/ Fight It Out / Saigan Terror / Rockcrimaz / Super Structure / Numbernine / Nodaysoff / Ex-C / B Side Approach / NOTⅡBELIKESOMEONE / Runner and more…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...