カテゴリー別アーカイブ: Disk Review

[Disk Review] We Are The Champion$ “What I Need”

We Are The Champion$ what i needRelease Date: 2015/04/29
Label: Stand Tall Records
Hometown: Tokyo

FacebookTwitter

単なる激しい音楽ではなく、多くの人の耳にすっと馴染むグッドメロディーを伴った音楽としてのポップパンク。New Found GloryやBlink182が登場して以降、パンクロックをメジャーなものへと押し上げるのに一役買ったこの音楽は、世代を超えて脈々と受け継がれていき、2015年、ここ日本にそんなポップパンクの傑作が誕生した。We Are The Champion$のデビューアルバム、”What I Need”だ。

Read More…

[Disk Review] Chris Farren “Where U Are”

Where U AreRelease Date: 2015/04/07
Label: Boyfriend Island Records
Hometown: Naples, FL

Facebook / Full Stream

聴けば幸せな気持ちになれる、そんな魔法のような音楽が詰まっているのが、フロリダのパンクバンド、Fake Problemsのフロントマンとして知られるChris Fallenの3曲入りEP、”Where U Are”。太陽、ヒマワリ、海、笑顔。1曲目を飾るタイトル曲、”Where U Are”を聞いて目に浮かぶ映像は聴く人によって違うだろうが、それら全てが明るさと華やかさを持った幸せな気分を象徴するものになるだろう。

Read More…

[Disk Review] Gallows “Desolation Sounds”

gallows

Release Date: 2015/04/14
Label: Venn Records/Bridge Nine Records
Hometown: Watford, Hertfordshire (UK)

Facebook / Full Stream

イギリスのハードコアパンクバンド、Gallowsの通算4枚目となるアルバム。バンドのシンガーが変わってからは2作目となる今作は、Gallowsというバンドの新たなカラーを明確にした完成度の高いアルバムとなっている。

Read More…

[Disk Review] The Weaks “Bad Year”

Bad_Year_Cover_Art_copyRelease Date: 2015/04/07
Label: Lame-O Records
Hometown: Philadelphia, PA

Facebook / Full Stream

「WeezerのBlue Albumが好き」、そんなインディーロック好きはここ日本にも数多く存在するだろうが、あのアルバムが持つ魅力とバランス感に匹敵するような音楽になかなか出会えない、そう悩む人もまた、数多く存在することだろう。そんな人たちに教えたい一つのヒント、それがThe Weaksのニューアルバム、“Bad Year”だ。

Read More…

[Disk Review] Waxahatchee “Ivy Tripp”

WaxahatcheeRelease Date: 2015/04/07
Label: Merge Records / Wichita Recordings
Hometown: Alabama

Facebook

インディーロック/ポップミュージシャンKatie Crutchfieldによるソロプロジェクト、Waxahatcheeの3rdアルバム“Ivy Tripp”がリリースされる。USインディーミュージック好きが首を長くして待っていた本作は、彼女の魅力である優しさがたっぷり詰まった、期待を裏切らない作品に仕上がっている。

Read More…

[Disk Review] Tigers On Trains “Antarctica In Color”

Tigers On Trains Antarctica In ColorRelease Date: 2014/09/30
Label: Self-released
Hometown: Riverhead, NY

Facebook / bandcamp

並木道を散歩してるとき、電車の窓から外をぼーっと眺めてるとき、仕事や授業で疲れて一息つきたいときだったり…。Tigers On Trainsの曲はふとした瞬間に聴きたくなる。そして聴くうちに、何もしないでずっとこのままであれたらなあ、なんて思ってしまう。フォークを基調した彼らのサウンドは優しく、温かく、私にいつも心地良さを与えてくれた。そんな彼らの新作『Antarctica In Color』ではフォークを基調としつつ、カントリー要素だったり、アップテンポでポップな「踊れる」要素も取り入れられている。そんな本作の楽曲たちを聴いてると、野外フェスで彼らのライブを見たいなあ、なんてついつい思ってしまう。

Read More…